スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキングに参加しています♪ ポチッと応援よろしくお願いします♪

banner_14.gif
虹の橋・・・
2010年01月04日 (月) | 編集 |

2010年 1月1日 21:10・・・レオは虹の橋を渡って逝ってしまいました。11歳でした。

2~3日前からは瞬きも出来ないようで、ずっと目を開いたままでした。

元旦の日中は薬を飲ませようにも死後硬直したかのように口が固まって開かず・・・。

遅めの夕飯の支度の最中、「〇〇、こっち来て!!」と、旦那に呼ばれ・・・

私がレオのそばに座ってから数分後・・・呼吸が止まりました。

まだ暑さが厳しい頃から闘病生活が始まって・・・

7~8kgあった体重が数ヶ月で3.3kgにまで落ちて・・・

毎日毎日あんなに吐いて、嫌いな薬もあんなに飲まされて・・・

相当辛かったはずだよね、レオ。

100101_2158~0001

太くてがっしりしていた手も、こんなに痩せて細くなってしまって。



でも 最期までレオにはどうしても言ってやれませんでした。

「ここまでよく頑張ったね。辛いでしょう、もう頑張らなくて良いよ」と。

どうしても、「もしかしたら・・・」という希望が捨てられなかったから。。。

DSCF2437
DSCF2437 posted by (C)Y30

亡くなる前日、全く空気を読めないカレンに耳の中に鼻を突っ込まれて

クンクン嗅がれても何も出来なかったね。ちょっと目を離した隙に

カレンに猫パンチくらっても、か細く「ニャ~・・・」としか言えなかったね。

凄く嫌だったろうに。。。



旦那に「レオは〇〇の所に来られて、幸せだったと思うよ」と言われ、また号泣。。。

レオは今頃、虹の橋の向こうで他の子と仲良く元気に遊んでいるだろうか・・・

神経質で気難しいところがある子だったから・・・

レオ、ママはあなたの事がちょっと心配です。。。

DSCF2445
DSCF2445 posted by (C)Y30

あと何年後かはわからないけれど、いつかはママもそっちに行く事になるでしょう。

その時はまた一緒に、たくさんたくさん遊ぼうね。

それまで虹の橋の向こうから、見守っていてね。

レオ、11年間本当にありがとう!!




 レオの回復を祈って下さった皆様へ 

残念ながら、皆さんの思いにレオは応える事が出来ませんでしたが・・・

皆さんのレオを思って下さったお気持ちは伝わっていたと思います。

まだしばらくはレオの事を思い出し、泣き言を言ってしまう事が

あるかもしれませんが・・・今後ともお付き合い頂けましたら嬉しいです。

きちんと新年のご挨拶も出来ず、申し訳ありません。。。

皆さん、今までレオを応援して下さり、本当にありがとうございました。。。



ランキングに参加しています♪ ポチッと応援よろしくお願いします♪

banner_14.gif
スポンサーサイト
レオ、その後の経過・・・
2009年12月31日 (木) | 編集 |

26日の土曜日、レオをまた病院へ連れて行きました。。。

再度血液検査もしたのですが、腎臓&肝臓は変わらず正常数値。

以前異常な数値だった蛋白も落ち着いていたのですが・・・

「赤血球の数値が異常に低く、ひどい貧血状態。今、生きていられるギリギリの数値。

免疫系疾患にも色々あるけれども、体内の赤血球を体が外敵と判断してしまって

自分で自分の赤血球を攻撃して殺してしまっている状態。

これ以上少しでも数値が下がったり、全く食べられなければ駄目だ」と言われました。



注射を2本打ち、薬も増え・・・処方された流動食をその日の晩と翌朝に

注射器で30分位かけて何とか食べさせたのですが・・・朝は全部戻してしまいました。

朝私が起きた時には、顔も前足もヨダレだらけでした。

拭いても拭いても少し時間が経つと、ヨダレがだら~っと垂れてきて。

もう口元もゆるんでしまっているのかもしれません。

足元もかなりふらついていて・・・確実に悪化しています。

耳の内側も本来なら薄っすらピンク色をしているはずなのに・・・真っ白。

091225_1807~0001

あんなに真っ黒だった肉球も、こんなに色が薄くなってしまいました。



流動食を食べさせる為の注射器の容量は1本12ml。

先生は「1回12ml。食欲が出るようなら、もっとあげても良い」と。

でも1本はとても喉を通らず。せいぜい1回に4~6mlが良いところです。

月曜の午後、薬を1種類増やして様子をみたところ・・・

10日ぶり位に、ほんの少しではありますが、自分から食べたい素振りを見せ、

このように・・・。

091228_1348~0001

もうしばらくの間、自分から食べる事は出来ない状態になっていたので

この姿を見た時は、本当に嬉しくてたまりませんでした。

実際に食べられたのは、ほんのわずかな量でしたが。。。

これで少し回復が見込めるかな?と、期待してしまったのですが・・・

夜にはまた元の食べられない状態に戻ってしまいました。。。



その後も少量の流動食と数種類の薬を服用、相変わらずウン〇も出ず。

病院は年内は30日が最後の診察日で、状況も良くない事から再度受診。

4日前の診察時に比べ、体重は更に250gも減少していました。

30日の段階で・・・体重は3.3kg。点滴をされ、ビタミン剤も接種。

でももう、限界が近いようです。。。



ステロイド以外の薬は全て潰して顆粒状に調合してくれたので

昨日からそれを砂糖水を作って溶き、注射器で・・・。

091231_0213~0001

流動食も継続しているものの、食べられる量が少なすぎることから

栄養剤を別途また注射器で。かなり嫌がりますが仕方ありません。

091227_0841~0001

注射器で無理に食べさせられるご飯は美味しくないよね・・・

薬もきっと凄く不味いんだろうね・・・レオ、ごめん。



昨夜はペットシーツ以外に、紙オムツも買ってきました。

トイレでオシッコをしようと、努力はしているようですが・・・

トイレの中まで行けずに、入り口でしてしまう事が増えたので。

オムツもきっと嫌がるんだろうけれど、これも仕方ない。。。



レオの病状が一気に悪化してから約10日。

夜はほとんど眠れなくて・・・。

日中はレオのふとした仕草にポロッと涙が出てきて・・・思わず号泣。

泣き疲れて・・・ふと気付くと、レオの横でうたた寝している自分がいます。

情けない。本当に自分が情けない・・・。



数日前も、起き上がるのがやっとの体なのに・・・

ヨロヨロしながら、お水を手ですくって飲もうとしました。目の前で何度も。

元気だった頃は口をつけて飲むより手ですくって飲む事が多かったレオ。

病気をしてからは、ほとんどすくい飲みはしなくなっていました。

なのに、そんなヨロヨロの体で・・・バランスも上手く取れないのに。

「ボク、まだ頑張れるよ」って、言いたかったのかな??

091227_0841~0002



こんな情けない日々を過ごしている間に・・・もう大晦日。

2009年も、もう今日で終わってしまうんですね。。。

心配してコメントやメールを下さった皆様、本当にありがとうございました。

個別にお返事が出来なくて、本当に申し訳ありません。

こんな私ですが、来年もお付き合い頂けると嬉しいです。。。

あとどれだけの時間をレオと一緒に過ごせるかわかりませんが・・・

そばで優しく見守りたいと思います。



グダグダなご挨拶になってしまって、本当にすみません。

皆様もお体に気をつけて、新年をお迎え下さいませ。





ランキングに参加しています♪ ポチッと応援よろしくお願いします♪

banner_14.gif
その後の経過・・・。(=・ω・=)
2009年10月26日 (月) | 編集 |

えー、、、26日ぶりの更新です。

外は台風の影響で荒れ、気温も低く寒い状態ですが・・・皆様、お元気でしょうか?

皆さんのところへの訪問も、頂いたコメントのお返事も出来ないまま、かなり

長い間放置状態が続いてしまって・・・本当にすみませんでした。m(_ _)m

正直、レオの病状が良くなかったので、レオの看病を中心に毎日時間が進んでいる・・・

そんな状態が続いていました。夜中や明け方にリバース音で起こされる事もしばしば。

それも数時間置きだったり。リバースしない日は無いに等しくほぼ毎日、ひどい時は

一日に5~6回、平均でも一日に3回ペースって感じで、ずっと続いていました。

私も数回の仮眠で何とか一日の睡眠を取っているような状態で・・・更新どころか

PCの前に座る気力&体力すらも無い・・・この約1ヶ月、そんな日々を過ごしていました。

昨日も1回リバースはしましたが・・・ここ4日程は、わりと落ち着いているように見えます。

(一時期、丸々一週間ウン〇が出なかったりなんて事も2度ありましたが。。。)

tama3tai.gif

約1ヶ月経った現在も尚、投薬は続いています。今は1日2回、ステロイドを。

当初、先生は年齢的な事もあって腎臓や肝臓の数値が上がっていると思ったようですが・・・

私なりに色々調べてみた結果、それまでのレオの症状がいくつも当てはまる病気に

辿り着き、ある病気を疑っていました。IBD(特発性炎症性腸疾患)という病気です。

猫のIBDの症状等の詳細はこちら。→ 猫のIBD

レオに当てはまるなぁ・・・と思ったのは、主に下記の症状です。




・症状のパターンは4つあるが、嘔吐のみの場合もある。

・嘔吐の頻度、期間も一定しない。断続的に数日間、数週間、何ヶ月かあるいは
何年か続いたりする。一日一回ぐらいのペースで吐くのがかなりの期間続いたり
 一日に数回吐くのが何日か続いたり・・・全く吐かなくなったりもする。

・食欲の不振は顕著であり、量ってみれば体重は以前に比べかなり減っている。

・悪心(口唇をなめるなどの行為は吐き気をもよおしているサイン)の為、
口をクチャクチャとさせている音を聞くようになったりする。

・悪心の間に鳴き声を上げる猫もいる。

・嘔吐というのは猫が「クコックコックコッ」などという音を出しながら腹部を激しく
 凹凸させて胃の内容物を前方へ噴出させる行為を指す。スルリと出てくる
 「吐出」とは違う。

・吐くのは、ちょっと前に食べた物、少し消化した物、飲んだばかりの水など。

嘔吐のみを症状とする場合には、現在日本におけるIBDの認知度が低いため、
IBDの可能性が最初から考慮されない危険があるかもしれないので注意が必要。





血液検査の結果、腎臓も肝臓も数値は正常。

異常に高い数値だったのは・・・蛋白でした。

先生は「IBD=下痢症状が強く出る」と、お考えのようで、検査前は「IBDの可能性は?」

との問いに 「下痢していないならその可能性は無いと思う」とおっしゃっていましたが・・・

検査後の数値を見て、「蛋白の数値が異常に高い。腎臓も肝臓も問題ないです。

蛋白の数値がこれだけ高いとなると・・・免疫系の疾患の可能性が高いです。

IBDかどうか病名を確定するなら、専門機関で全身麻酔して内視鏡使って

細胞の一部を取って検査って形になりますが・・・どちらにせよ、IBDかどうかの

病名の確定が出来たとしても、免疫系疾患だった場合、完治する事はありません。

体に合う薬をみつけて、投薬治療という形になりますね」と。

IBDである可能性が高まった・・・そんな感じです。

aneko.gif

旦那とも何度も話し合いをしましたが・・・

全身麻酔して検査をして病名が確定出来たところでIBDだったりした場合、

自分達は「やっぱりそうだったんだね」と納得は出来るけれど・・・

「苦しい思いをさせるだけで病気が完治する可能性が無いに等しいのなら

これ以上、体に負担をかけるような検査は止めよう」と、そういう結論に達しました。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、レオは数年前にも大病して約1ヶ月の間、

入院した事があります。その際にも全身麻酔でショックを起こし、心臓が止まりかけた

事がありました。私自身もトラウマになっていて、検査で命の危険にさらすようなのは嫌。

今でも正直、私の心の中に迷いがあるのも事実ではありますが・・・

何度も二人で話し合った上で出た結論なので、今後も上記のような検査は

しない方向で、投薬治療をメインにして、治療を続けていくつもりです。

ln7.gif

先生曰く、「プレドニン(ステロイド)というのは、もの凄く苦い」らしく、、、

レオも私も薬の時間がえらいストレスです。。。(_ _;)

(唸って暴れて噛むわ引っかくわ吐き出すわ・・・毎日私の手から血が出るわ・・・散々。泣)

悩みに悩んで、ある日、ブロ友のさなさんオススメのピルポケットを購入。

DSCF2178_convert_20091026222142.jpg

でも、「おおっ、ピルポケット万歳!!(;▽;)」って、喜んだのも束の間。。。

ごまかして飲ませられたのは5回程度で・・・ある日、噛みどころが悪かったようで・・・

もろに薬を噛んでしまったらしく、苦みが口の中いっぱいに広がったんでしょうね

ヨダレが次々に溢れて止まらなくなり・・・すっかりピルポケットを警戒するようになって

ごまかして飲ませる事が出来なくなりました。(T_T)

でも全く飲ませないわけにはいかず、毎日朝晩、レオと格闘しながら飲ませています。

週末、旦那と二人がかりでもレオに薬を飲ませるのは結構大変なので・・・

平日は一人で薬を飲ませるのが本当に大変☆ まさに格闘技って感じ。(-_-;)

それでもようやく最近、「飲まないと後がもっと辛い」というのが少し理解できたのか・・・

最初の頃のようなひどい暴れ方は(引っ掻いたり噛み付いたり)しなくなってきました。

今でも唸ったり、抵抗したりはしますけどね。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

2008-01-10 02:54:11

ここ最近は食欲も出てきています。遊びたいと思う気持ちも出てきたようです。

ずっと続いていた尿路疾患用フードから、消化器サポートへ変更になりましたが。

これがなかなか・・・美味しいようです。(笑)

ひどい時は食べてものの5~10分でリバースしてしまったりしていましたが・・・

美味しそうにご飯を食べて、満足そうな顔で念入りな毛繕いを終えた後に

スースー寝息を立てて気持ち良さそうに寝ている姿を見ると、本当にホッとします。

今まで、それが普通の事だと思っていたけれど・・・そんな普通な事ですら、

今は幸せを感じます。改めて気付かされた感じです。。。

uranak-1.gif

さて、もう少ししたら・・・お薬の時間。

レオちゃん、このお薬とっても苦いらしいけれど・・・頑張って飲んでね!!

DSCF2168_convert_20091026223314.jpg

う~ん、、、上手にお口に入れて下さいにゃ~☆ (≧ω≦;)


aki06.gif


更新出来なかった間、励ましのメッセージやを下さった方々、

本当にありがとうございました。心から感謝しています。

いつまでも泣いてばかりいずに、私も頑張ります!!



ランキングに参加しています♪ ポチッと応援よろしくお願いします♪

banner_14.gif
猫年齢→人間年齢変換計算機 (=・ω・=) そして・・・
2009年09月28日 (月) | 編集 |

年齢を人間の年齢に変換する計算機」というプラグインを見つけたので

追加してみました。愛猫ちゃんの年齢を計算するのに便利ですよ~

右サイドバーの中にありますので、使ってみて下さいね

私も早速使ってみましたが、年齢11歳は・・・人間だと74歳ですか。

そっか、、、レオもカレンもそんなにいい年齢になっていたんだ。。。

実はここ最近、レオの体調があまり良くありません。

日によっては、凄く元気に部屋を走り回ったりしている日もあるのですが・・・。

最近、リバースする事が増えてきて。(←毛玉はほとんど出ない。)

一時は7~8kgあった体重も・・・先週の土曜日に病院で計測した時には

驚く事に、5.2kgにまで減少。顔も体も細くなったなぁとは感じていましたが。

土曜日は食欲があったものの、日曜日はあまり食欲もなくて。

薬を飲ませなければならない都合上、晩はシャーシャー言われながらも

少量の缶詰ご飯(療法食)と薬を口に突っ込んで様子見。

2時間程グーグー寝た後、いくらか食欲が戻ったのか、自分からご飯を。

その後はリバースする事も無く、グーグー

これで朝までは・・・落ち着いてくれるかな?

落ち着いてる間に、私も少し休むとします。。。

レオちゃん、今日はもう少し食べられるといいね。。。

090926_1802~0001



ランキングに参加しています♪ ポチッと応援よろしくお願いします♪

banner_14.gif
萌えポイント♪(=・ω・=)
2009年08月27日 (木) | 編集 |

ワタクシY30が 萌え~♪(*´ー`*人) となってしまうポイントといえば・・・

我が家のちょっぴり(?)おデブなレオさんの・・・

DSCF0093_pap-g3.gif
んっ? にゃんですか~?(=・ω・=)

このぷっくらとした鼻先&クリっとした大きな黒目

レオのこの辺りが・・・たまらなく好き~ (≧▽≦)

こんな風に見上げていると、思わず顔がデレデレに。(笑)

猫年齢11歳、人間に換算したらかなりのオッサン相手に・・・

今日も胸キュンなY30なのでした♪ ( ̄m ̄〃)ぷぷっ♪



ランキングに参加しています♪ ポチッと応援よろしくお願いします♪

banner_14.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。